SharePoint Onlineには待望の機能があります。

この機能は次の場合に適用されます:

  • クラシックチームサイト
  • 通信サイト
  • Office365グループに属していないモダンなチームサイト
  • Office365グループに接続されたチームサイト

注SharePointサイトでアイテム保持ポリシーを有効にしている場合は、SharePointサイトでアイテム保持ポリシーを有効にするサイトを(少なくとも一時的に)除外する必要があります。名前を変更しないと、編集ボタンがグレーアウトされた

このタイプのサイトのアドレスを変更することはできません

image

ルートサイト(https)のURLを変更することはできません://<>sharepoint.com SharePoint(またはグローバル)管理者は、新しいSharePoint管理ポータル(https://<テナント>-https://<テナント>-Https://<テナント>-Https://<テナント>-Https://<テナント>-https://<テナント

image

そこから、URLを更新し、彼のプロパティにアクセスしたいサイトを選択します

image

右側に表示されている編集ブレードには、URLの編集オプションが表示されます

image

編集オプションを押すと、新しいURLを設定するように求められます; 新しいURLが利用可能かどうかが自動的にチェックされます

image

URLを変更すると、同時にサイト名を変更するかどうかを尋ねられます

image

その後、システムはサイトのURLを更新し、前のURLから新しいURLにすべてのアクセスをリダイレクトするリダイレクトを生成します

image

プロセスが完了すると、新しいURLが表示されます

image

新しいURLはアクティブになり、古いURLは自動的かつ透過的にリダイレクトされます; ユーザーに表示されるメッセージはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。