議会では、古い議論が再び頭を育てています。 先週、トリプラの国会議員であるJitendra Choudhuryは、Arunachal Pradeshはチャクマ難民に市民権を付与すべきだと述べた。 土曜日、Arunachal MP Ninong Eringはそれが不可能であることを撃ち返しました。 アルナチャルの難民は市民権を求めることができませんでした。

この前後の背後には、何十年もの政治とアイデンティティの絡み合った問題があります。 エリングは、北東部の州全体でよく知られている恐怖を提起し、地元の部族が部外者によって”圧倒”され、先祖の土地が引き継がれ、脆弱な先住民族の文化が一掃されたという懸念を提起した。

広告

一方、半世紀以上にわたり迫害に直面し、市民権のために戦っているチャクマ、民族的、宗教的少数派があります。

“涙の湖”から

チャクマ族は1960年代にバングラデシュ東部のチッタゴン丘陵地帯を脱出した。 丘の中で最大の民族グループは、彼ら自身の言語と習慣を持つ仏教でした。 出エジプトには2つの理由がありました。

まず、1962年に就役したカプタイダムは、彼らの土地の大きな帯を洗い流しました。 それは耕作可能な土地の22,000ヘクタールを含む約655平方キロメートルに浸水しました。 環境研究者によると、ダムによって作られた湖は、1,00,000部族の人々、それらの70%をchakmas変位しました。 チャクマ-ラジャの宮殿を含むチッタゴン丘陵地帯の首都であるランガマティ町の一部も水没した。 チッタゴンのチャクマは、しばしばカプタイ貯水池を”涙の湖”と呼んでいます。

広告

第二に、民族的、文化的、宗教的に異なるチャクマは、分割後に東パキスタンで、その後バングラデシュでの包含に抵抗していた。 1971年にバングラデシュが独立した後、チャクマ族は丘に住む先住民族の権利のために戦うために組織された。 1972年、武装闘争を通じてチャクマの自治を得るためにシャンティ-バヒニが結成された。 数十年にわたって、バングラデシュ軍による暴力の波は、インドに避難を求めて、国境を越えてチャクマを送信します。

1987年の報告書によると、45,000人の難民が2週間にわたってトリプラに流入し、州政府が設置した窮屈でその場しのぎの収容所に収容された。 彼らは彼らと一緒にレイプ、殺人、変位の物語をもたらしました。 報告書によると、バングラデシュ政府は24,000人の難民を取り戻すことに合意したが、国境を越えて死亡したチャクマは去らないだろう。 1986年7月中旬、フセイン・ムハンマド・エルシャド大統領はバングラデシュ議会に対し、過去10年間に1,000人が暴力で殺害されたと語った。 1987年の報告書”Shanti Bahini”によると、死者の数は10倍になっている。

1997年、チッタゴン-ヒル-トラクト平和協定が調印された。 バングラデシュ政府は、トリプラのチャクマ難民を取り戻し、彼らを更生させることに合意した。 しかし、2003年には、政府がトリプラから戻ってきた65,000人の難民に食料を与えることをやめたと報告された。 彼らは今、再び国内避難民、難民でした。 アコードのほぼ二十年後、それを実装するためのロードマップはまだ議論されています。

アルナーチャル-プラデーシュ州のチャクマは、まだ土地の権利、配給カード、プライマリレベルや仕事の後の学校へのアクセスなしで、悲惨な条件に住んでい 写真クレジット:Pronib Das/HT

“空いている土地”

インドはチャクマ難民の入国を許可したが、再定住の横柄な政策を選んだ。 何千ものチャクマがミゾラムのLushai丘を通って到着し、その後分割されていないアッサムの一部でした。 何人かはすでにLushai HillsにあるChakmasと一緒に戻ってきましたが、何千人もの人がArunachalに逃げました。

広告

1964年、当時アッサム州知事であったヴィシュヌ-サハイは、首相に宛てた書状を撃ちました:”ミゾ地区のミゾ族とチャクマ族の間でトラブルが発生する可能性があることが私には起こりました。 これらのChakmasは、簡単に空いている土地があるNEFAのTirap部門に行くのに非常に適した人々になります。”

だから、1964年から1969年の間に、チャクマ族は北東フロンティア庁のティラップ、ロヒット、スバンシリ地区に定住した。 後にアルナチャルとなるこの”空いている土地”は抗議した。 しかし、フロンティア機関に一般に選出された政府がいない場合、誰も先住民の抗議に耳を傾けませんでした。 彼の著書『南アジアの無国籍:バングラデシュとインドの間のチャクマ』で、Deepak K Singhは、1980年代のAll Arunachal Pradesh Students Unionの台頭により、チャクマ難民に対する先住民族の抵抗が強まったことを説明しています。

反外国人運動が州内で定着し、実際に北東部では移住者の人口が歓迎されなかったことを意味していた。 アルナチャルでは、シンによると、学生組合はそこに定住チャクマにそのエネルギーを集中しました。

広告

アッサム、トリプラ、ミゾラムに残されたチャクマ難民は市民権を与えられ、予定されている部族として認められた。 アルナチャルでは、チャクマ族の市民権は土地の権利の問題に結びついた。 アルナチャルは、非先住民族インディアンが他の国からの難民はおろか、州内の土地を購入することができないことを保証する特別な憲法上の保

まばらな地域では、チャクマ族に市民権を付与することで人口統計が変化し、投票結果に影響を与えて先住民族を犠牲にすることが懸念されていた。 それは移民や難民のための”ダンピング場”として地域を使用してのインドの状態を非難したように学生連合は、その需要のための人気のあるサポートを動員しました。

センター対州

必然的に、チャクマの市民権の問題はアルナチャルとセンターの間の政治的な争いになった。 学生組合が”チャクマ-ゴー-バック”を唱えたとき、州内の政党は警戒感で問題を取り上げました。 例えば、1995年には、Gegong Apang率いる議会政府は、センターが難民を国家から移転しない限り、辞任すると脅した。 しかし、センターは現状を維持するために満足していました。

広告

今までは、それです。 チャクマの運命は、Bharatiya Janata党が権力を握った後に地面を得た政治の新しい鎖に吸収されました:インドに避難を求めてきた”宗教的少数派”の市民権を楽 2016年の市民権(修正)法案の下では、これにはヒンズー教徒、仏教徒、ジャイナ教徒、シーク教徒、パルシス教徒、アフガニスタン、バングラデシュ、パキスタンのキリスト教徒が含まれていた。

2015年、最高裁判所はセンターに対し、アルナチャルのチャクマとヒンズー教徒のハジョン難民に市民権を付与するよう指示し、州内の新たな怒りを煽った。 今年、センターは、それがすべて彼らに市民権の地位を付与するように設定されたと発表しました。

チャクマは現在、中央から発せられるアイデンティティ政治の競合するバージョンと地域から発せられるものの間に挟まれている。 アルナチャルとは別に、ミゾラムの難民に対する先住民族からの新鮮な敵意があり、1972年にチャクマ自治区評議会が設立された。 部族グループは現在、1950年以降に国家に入ったすべての”チャクマ外国人”の追放のために扇動しています。

一方、アルナチャルの何千ものチャクマは、土地の権利、配給カード、初等レベルの後の学校へのアクセス、または雇用なしに、悲惨な状況にまだ住んでいます。 センターの横柄な政策と国家のアイデンティティ政治はひどい人間のコストを抽出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。