(b.Berndorf,Germany,11June1842;d.Munich,Germany,16November1934)

engineering,cryogenics.

リンデは、フリードリヒ-リンデとその妻フランツィスカ-リンデ(ノイヴィート出身の実業家の娘)の九人の子供の三番目であった。 彼の父、大臣は、転送されていたケンプテンでは、若いリンデは彼の文学的、文化的な興味に、体育館で古典的な研究を追求し、彼はすぐに機械建設を研究す したがって、1861年から1864年まで彼はチューリッヒの有名なEidgenössische Polytechnikumに出席し、Clausius、Zeuner、F.Reuleauxに科学と工学を学び、f、T、Vischerに美学、W.Lübkeに美術史を学んだ。 1864年から1866年まで、リンデはベルリン近郊のテーゲルにあるA.Borsigの機関車と機械工場などの工房と製図スタジオで実践的な訓練を受けた。 1866年、彼はミュンヘンに新しく設立されたクラウス-アンド-カンパニーの技術部門の責任者となった。 そこで、彼はブレーキの手配を含む彼自身のアイデアのシリーズを実装することができました。

1868年にミュンヘン工科大学(後のTechnische Hochschule)が設立されると、リンデは臨時教授となり、1872年には理論工学の完全な教授となった。 ここでは、1875年に、彼はドイツでその種の最初の工学研究所を設立しました。 彼は、一般的にはモーター、蒸気機関、クランク運動、水車の理論、タービン、熱風エンジン、機関車などの多くの科目について講義しました; と蒸気船—と実用的な実験室のプロジェクトを実施しました。 Polytechnische Schuleで彼の同僚の間で彼は1875年から1880年までそこに数学を教えたFelix Kleinに特に近かった。

1870年、リンデは冷凍の調査を開始した。 熱理論に関する彼の研究は、1873年から1877年にかけて、最初の成功した圧縮アンモニア冷蔵庫の開発につながった。 冷蔵庫はリンデの前に存在していましたが、彼は特に信頼性が高く、経済的で効率的でした。 彼は、冷蔵庫は氷の製造だけでなく、液体の直接冷却にも有用でなければならないと強調した。 これらの理由から、醸造所は特に彼の装置に興味を持っていました。

リンデは1879年に教職を離れ、ヴィースバーデンにGesellschaft für Linde’S Eismaschinenを設立し、工業的に彼のプロセスを開発しました。 人工的な冷却の多くの適用のためにプロジェクトは国際的な成功だった。 研究ステーション(1888年設立)で低温の主題を探求し、減らされたスケジュールで再び教えるために、リンデは1891年に事業の経営から引退した。

1895年、リンデはジュール=トムソン効果と向流原理を応用して空気を液化することに成功し、低温維持のための基礎が築かれました。 ロンドンでは、リンデ(1896年)の直後に同様のプロセスに参加した。 リンデはまた、整流によって純粋な酸素を得るための装置(1902年)、窒素サイクルプロセスを用いて純粋な窒素を製造するための装置(1903年)、一酸化炭素の分縮合によって水ガスから水素を製造するための装置(1909年)を開発した。 純粋な酸素の生産は、硝酸カルシウム、アンモニア、硝石の大規模な生産のための純粋な窒素の生産と同様に、金属加工に使用されるオキシアセチレントーチのために非常に重要であった。 Lindeは彼のプロセスを利用するためにヨーロッパのそして海外の企業のグループを創設しました。

1891年にミュンヘンで始まった彼の教えの第二段階では、リンデは主に冷凍機械の理論を扱った。 1902年にミュンヘン工科大学にドイツで最初の応用物理学の研究室が設立されたのは彼の扇動であった。 リンデはまた、多数の科学技術委員会で活発でした。 彼はバイエルン科学アカデミーのメンバーであり、ウィーンアカデミーのメンバーでもあった。 さらに、彼はPhysikalisch-Technische Reichsanstaltの理事会に属し、Verein Deutsche IngenieureとDeutsches Museumの取締役の貯め込みに属していました。

1866年、リンデはヘレン-グリムと結婚し、6人の子供をもうけた。 1897年、貴族に列せられた。 科学的、技術的、起業家の能力の非常に幸運な組み合わせは、強い道徳的な性格と仕事のための珍しい能力のこの単純な男に会い、開発されました。

参考文献

I.オリジナル作品。 リンデの原稿はバイエルンのArchiv des Polytechnischen Vereins(現在はミュンヘンのドイツ博物館図書館のMSコレクション)とヴィースバーデンの彼の会社であるLinde A.G.にあります。

リンデの重要な出版された作品は、機関車と鉄道列車を制動するためのいくつかの方法について(ミュンヘン、1868)、”機械的手段による低温での熱抽出”、Bayerisches Industrie-und Gewerbeblatt、2(1870)、205、”a new ice and cooling machine”、同著。, 3 (1871), 264; ‘Theorie der Kälteerzeugungsmaschinen,”In Verhandlungen des Vereins zur Beförderung des Gewerbefieisses,54(1875),357and55(1876),185;”今日の冷凍機,”In Transactions of The American Society of Mechanical Engineers,14(1893),1414;and”Refrigerating Apparatus,”In Journal of The Society of Arts,42(1894年)、322年。

また、彼の”Erzielung niedrigster Temperaturen,”In Annalen der Physik und Chmnie,n.s.57(1896),328;”プロセスと最低温度を達成するための装置,”In Engineer(London),82(1896),485を参照してください; “Kälteerzeugungsmaschine,”In Lueger’S Lexicon der gesamten Technik,V(Stuttgart,1897),353;”Über die Veränderlichkeit der specificischen Wärme der Case,”In Sitzungsberichte der Bayerischen Akademie der Wissenschaften zu München,27(1897),485;”Die Entwicklung der specificischen Wärme der Case,”In Sitzungsberichte der Bayerischen Akademie der Wissenschaften zu München,27(1897),485;”Die Entwicklung der specificischen Wärme der Case,”Die Entwicklung der71年に”kältetechnik、”フェストシュリフト71年に”。 1899年(明治22年)-1899年(明治23年)-1899年(明治24年)-1899年(明治25年)-1899年(明治26年)。 リンデの後の作品の中には、”Zur Geschichte der Maschtnen fur die Herstellung flüssiger Luft,”In Berichte der Deutschen Chemischen Gesellschaft,32,no.1(1899),925; “液体空気中の燃焼中のプロセスについて”sessionsberiehte der Bayerischen Akademie der Wissenschaften zu Müttchen,29(1899),65;”液体空気の分数蒸発による酸素抽出”,Zeitschrift des Vereins Deutscher lngenieure46(1902),1173;”Die Schätze der Atmosphäre,”In Deutsches Museum. 講義と報告、いいえ。 私(1908年)、バイエルン科学アカデミー(ミュンヘン、1912年)での基調講演で”絶対零度への道の物理学と技術”、そして私の人生と私の仕事から(ミュンヘン、1916年)。

二次文学。 リンデについての作品は、(年代順に)5O Jahre Käl tetechnik、1879-1929である。 Geschkhte der Gesellschaft für Lindens Eismaschinen A.G.,Wiesbaden(Wiesbaden,1929);”Carl von Linde zum90geburtstag,”In Abhandlungen und Berichte des Deutsches Museums,4(1932),55;R.Plank,”Carl von Linde und sein Werk,”In Zeitschrift für die gesamte kälte-Industrie Mache,”Carl Von Linde,”In Almanack O f The Academy O f Sciences In Wien8 5,(1 9 3 6),2 7 2. W. Meissner,”Carl von Linde’s scientific achievements,”In Zeitschrift für die gesamte kälte-Industrie,49(1942),101;R.Plank,”Gesehichte der Kalteerzeugung/”In Handbuch der Kaltetechik,1(1954),1;75Jahre Linde(Munich,1954);and Teclmische Hochschuk München,1868-1968(ミュンヘン,1968),102.

フリードリヒ-クレム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。